カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

真珠の種類




アコヤ真珠
日本近海(四国宇和島、伊勢、九州など)でアコヤ貝から
採れます。
日本で行われている真珠養殖のほとんどはアコヤ貝を
母貝としたアコヤ真珠ですので、和珠と称されることも
あります。
直径2〜10ミリのものが採れ、最もよく知られている
真珠です。


黒蝶真珠
主にタヒチの島々で黒蝶貝から採れます。
黒蝶真珠のほとんどがタヒチ産と言ってもいいでしょう。
黒真珠、黒南洋真珠、タヒチ真珠と称されることもあります。
黒蝶貝は赤、緑、黄色の色素を持っています。
この色素が交じり合って黒蝶真珠独特の色となります。
染色処理をして「黒真珠」と呼んでいるものもありますので
ご注意下さい。
黒蝶真珠のサイズは平均8〜14ミリぐらいですが、
中には20ミリ近いサイズも採れることがあります。

白蝶真珠
オーストラリアやインドネシア近海で白蝶貝から採れます。
白蝶貝は、直径30cm、重さは4〜6kgにもなる真珠貝では
最大のものです。
比較的暖かい水温を好むので、赤道を中心とした南洋で
養殖されますので、南洋真珠と称されることもあります。
直径9ミリから、大きいもので20ミリぐらいのものもあります。

白蝶貝は貝殻内面の周縁部の色により、シルバーリップと
ゴールドリップというふうに分けられ、銀白色の真珠が中心で、
綺麗なゴールデンカラーの真珠もあります。

淡水真珠(湖水真珠)
主に中国の湖、川などの淡水で、イケチョウ貝から採れます。
日本では琵琶湖などで養殖されますが、市場に出ているほとんどの
淡水真珠は中国から輸入されたものです。
色はオレンジ・パープル・ホワイト・ピンクと多彩なのが特徴です。


ページトップへ